サッカー

2011年1月30日 (日)

サッカー・アジアカップ優勝 ドーハの悲劇から、ドーハの歓喜へ

■カタール戦3-2

吉田が退場になってから10人でよく逆転をしました。最後まであきらめずに、冷静にファイトできる。技術以上の可能性を感じた日本でした。

■韓国戦0-0 PK3-0

日本が最初にとられたPKで試合がわからなくなりました。最初にPKをとったから岡崎へもPKを与えたという感じです。試合途中のPKがなければもっと良い試合になったでしょうね。

延長後半14分での失点はドーハの悲劇を思い起こしました。しかし、川島はよくPKを止めた。やはり韓国は強い。今回は、日本に運があったということです。

■キ・ソンヨン選手の猿パフォーマンス

後味が悪かったのが、キ選手の猿まねパフォーマンス。テレビで観ていて変わったパフォーマンスだなあと思いましたが、日本人への蔑視パフォーマンスだとは知りませんでした。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=136977&servcode=600%C2%A7code=610

あとで聞くと、韓国人は日本を蔑視するときに、猿と表現するのだそうです。朝鮮半島には猿がいないから、猿が日本の蔑称になったそうです。韓国人の日本人蔑称は、チョッパリというのを聞いたことがありますが、「猿」も蔑称だとは知りませんでした。ちょうど、アメリカ人やイギリス人がジャップやイエロー・モンキーと言うのと同じですね。白人は、東洋人(彼らは日本人も韓国人も、北朝鮮人も、中国人も区別がつかない)を「モンキー」と蔑称します。キ・ソンヨン選手はスコットランドのセルティックに所属していて、試合中に観客から「モンキー」と人種差別攻撃を受けたそうです。そういう選手が同じアジア人に猿と蔑視するとはねえ。どういう頭の構造をしているのでしょうか。

キ選手のツイッターによると、日本人応援団が旭日旗を掲げていることに腹を立てたから、頭にきて日本人を猿と馬鹿にしたのだそうです。

韓国を代表してたたかうサッカー選手としては自らの品格を貶めるだけの行為で、極めて後味が悪い試合でしたね。旭日旗(=日本軍旗)を振る日本人も無神経だとは思いますが、所詮サッカーはスポーツ・ゲームですから、観客の心ない振る舞いを過剰規制もできません。それに反応して代表選手とあろうものが差別を助長する行為をしてはいけませんね。

「選手も自由にして良い」という意見もありますでしょうが、サッカー選手にはFIFAのルールが適用されます。人種差別行為を禁止するFIFAルールに反する行為です。

日韓ワールドカップ共催をして、少なくともサッカーに関しては両国の垣根はなくなったかに思えましたが、まだまだ無理なのですね。でも、パク・チソン選手が猿パフォーマンスを諫めているように見えたのが救いです。

■オーストラリア戦 0-1

日本の守備への不安が的中したゲームでした。岩政選手が途中から出て、なんとかもちましたが、後半30分くらいで、確かキーウェルに裏をとられたのは岩政選手だったのではないでしょうか? GK川島選手のスーパーセーブがなければ3点はとられてた。運も日本の味方だったように思います。

センターバックの守備は今ひとつ不安定でしたが、攻撃は素晴らしかった。遠藤、長谷川が封じられて自由に動けなかったが、本田、長友、前田、岡崎の連携でビッグチャンスをつくっていました。とにかく、長友が中盤にあがってからの活躍がすごかった。

最後の最後に、李忠成選手が素晴らしいボレーを決めてくれました。

在日韓国人で日本国籍を取得して日本代表に選ばれた李選手の決勝ゴールを、多くの日本人が賞賛していることは、キ・ソンヨン選手の猿パフォーマンスに対する極上の返答となりました。

■ザッケローニ監督

ザッケローニ監督の選手交代の采配がすべて効果的でした。たった就任後5ヶ月で、監督と選手との信頼関係、チームとしての団結力をつくりだした素晴らしい監督だと思います。ザッケローニ監督の戦術眼、安定感と人間性が、チームを成長させているように思います。

これからはアジアでなく、さらに世界で活躍できるように成長していくことでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2011年1月10日 (月)

サッカー・アジア杯 ヨルダン戦 1-1

■ヨルダン戦 ドロー

最後に良く1点を入れました。

このまま負けてもおかしくない展開でした、日本代表はいつむ中東のチームに苦戦していますからね。でも、若い日本代表が全力でがむしゃらになって、最後に、こじ開けたゴールでした。

守備的(でも、アグレッシブに寄せてくる)ヨルダンにあわせる形で、スピードが遅くなった感があります。でも若い日本代表が最後に1点を返した点は、楽勝するより、チームの成長にとっては良かったのでしょうね。

また、サウジアラビアがシリアに1-2で負けるとはね。

これからのテレビ観戦が、またまた楽しみになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月 9日 (土)

ザッケローニ監督でアルゼンチン戦【1-0】 勝利!


中沢祐二も、田中マルクスもいない日本代表がアルゼンチンを得点を許さず、1点をとって、なんと「1-0」というビューティフル・スコアで勝利。

ザッケローニ監督は、「まだ伸びる余地がある」「目標はアルゼンチンに勝つことではなく、成長していくことだ」、さらには「Jリーグにはまだ素晴らしい選手がいる。Jリーグの監督たちの仕事に感謝する」とコメント。まるで外交官のような見事な挨拶。

なんだか日本チームにぴったりのイタリア監督です。
これから4年間、しっかり楽しませてもらいます。ブラジル・ワールド杯が楽しみです。(ワクワク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月 2日 (金)

南アW杯 パラグアイ戦 0-0 PK負け 凡戦

延長戦でも0-0で、OK戦で5-4の敗戦。

日本選手も本気のパラグアイ相手に、よく守りました。

でも、両チームとも超守備的な戦術で、ワールドカップの決勝トーナメントとは思えないほどの「凡戦」でした。Jリーグでこんな試合をしていたら、「金返せ。」と言われるでしょう。

「日本人とパラグアイ人しか見ない試合」と本田選手がコメントしたそうですが、まったく同感です。

にもかかわらず、テレビでは、「善戦」「快挙」「世界を驚かせた」とか、果ては「日本人は一体感が大切だ」「大和魂は、やっぱり『和をもって尊し』だ。」というコメントが溢れています。これには「なんだかなー・・・」という気分にさせられます。

2,3日前、NHK・BSでオランダのクライフのドキュメンタリーが放映されていました。クライフ曰く、「代表チームは勝敗だけが問われる。それでは夢のある、楽しいサッカーはできない」と言っていました。

岡田監督は、「私にも理想のサッカーがある。でも、日本代表監督として勝つことにこだわった」とコメントしていました。結局、2年半、監督をやってみたが、見ていて楽しい理想のサッカーでは日本チームは勝てないというのが現実なのでしょう。

次の監督は、このような超守備的なサッカーでなく、見ていて楽しいわくわくするチームで、4年後のブラジルW杯でたたかってほしいです。

2014年のブラジル大会には是非、現地に行ったみたい。そのためには、日本代表が地区予選を突破し、楽しいサッカーで勝てるように成長してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

南アW杯 デンマーク戦 3-1 歓喜

デンマーク相手に快勝です。
最初の10分はいつ点を入れられるかと冷や冷や。

フリーキックの2発で勝利をつかみました。

デンマークの攻めをよくしのぎ、攻撃のときは全員で攻めていました。
こんな快勝をするとは予想もしていませんでした。

日本チームの現実的な戦い方がはまった勝利です。

決勝トーナメント進出。快挙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月21日 (月)

南アWC オランダ戦 0-1 敗戦

オランダに0-1での負けでした。テレビ観戦はなぜか、竜飛岬の竜飛ホテルで観戦しました。

川島は、よく1点でしのぎました。岡崎の最後のシュートは枠に飛ばしてほしかった・・・。

でも、韓国のようにアルゼンチンに惨敗するのではないかと心配していましたが、よく守り、わずかですが、攻めにも見せ場をつくりました。善戦です。

オランダには負けを覚悟していたのですから、最少失点で敗戦は、最良の結果です。

いよいよデンマーク戦です。デンマークは勝たなければならないゲームで、積極的に攻めてくるでしょうから、日本は堅守でしのいで、チャンスに全員で攻めて1点がほしいところです。

岡田監督が突然に、戦い方をガラッと変えても、それによく適応する選手たち。選手たちはクレバーなんですね。

第3戦まで、グループリーグ突破に期待がかけられるなんて望外の喜びです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月17日 (木)

WC カメルーン戦 日本の専守防衛の勝利!

■勝利!!!

カメルーン戦は、現実路線(守備重視)で、一点をもぎとっての勝利。まずは、うれしいの一言です。

攻めは、本田、松井、大久保の3人にまかせて、あとは守備ブロックをひいての籠城作戦でした。サイドも最後まで攻め上がりませんでした。

■現実路線

世界の強豪を前に、これまでの理想主義路線を変更して、現実路線に舵を切った岡田監督。采配が的中して良かったですね。

■韓国とアルゼンチン「 4 対 1 」の衝撃

今日は、韓国とアルゼンチン戦「、4 対 1 」で韓国の敗戦。ギリシャ戦では通用していた前からの守備は、アルゼンチンに全然通用していませんでした。

日本対オランダが、このようなスコアで敗戦にならないか心配になりました。スケベ心を出さずに、堅実に守備固めをして専守防衛で、カウンターか、本田、松井の個人技と、大久保の献身的なかき回しに期待をかけたほうが良いように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月23日 (日)

2010年南アフリカ・ワールドカップ 「愚かな目標」

■間違った愚かな目標(ベスト4)を掲げた岡田監督

いよいよ、ワールドカップが6月から始まります。
日本代表の話題は、岡田監督が、ベスト4が目標だと言い出してから、しらけて見ています。

最初は、ベスト4なんか冗談かと思ったのですが、冗談が似合わない岡田監督が繰り返し、今でも、まだ言っているのですから、あきれています。

ベスト4を目標と掲げることが彼の監督としての水準を示しているのでしょう。ベスト4なんて言って喜ぶのは、他のヨーロッパや南米の強豪国のサッカーを見たこともない人とマスコミくらいでしょう。

達成できる条件や情勢もなく、見通しもないのに高い目標をかかげるほど、しらけるものはありません。まあ、スポーツでも、政治(鳩山首相等々)でも、その手の軽率な輩が多いですが。

遺憾ながら、この間の日本代表のサッカーを見れば、その目標を掲げたことが、そのサッカーの実力を成長させるのに役立っているとは到底思えません。
かえって、「この程度でベスト4なんてよく言うよ」という、揶揄と侮蔑の対象、そして自虐の要因になっているように思えます。

■予選リーグ突破が岡田日本代表のノルマ!

オランダは勝ち点は計算できません。

カメルーンとデンマークに、
2勝できる可能性は10%。
でもって
1勝1引分けは、15%
1敗1引分けは、30%。
2敗は70% っていうところでしょう。

とはいえ、予選リーグ突破を目指すという現実的目標を死にものぐるいで達成してほしいものです。
これを突破すれば、あとは何があるかわかりませんから。
これから応援モードにうつっていこうと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月29日 (日)

アジア・カップ日韓戦-「国民性」宿命論…吐息

久しぶりにつけた家庭テレビで、アジア・カップを堪能しましたが。

やはり「日本人はなぜシュートを打たないのか?」って本の題名どおりの展開でした。

韓国だって農耕民族ですけど、日本とはずいぶん違います。
鋭い縦パスの展開とシュートへの執念。最後までマークに付いてくる粘着ディフェンスでした。「日帝」に対する恨みモードの強みがあるとはいえ、その闘争心はすごいです。(それだけで勝っている訳でないけど。ポーランドのドイツに対する恨みが強いからといって、ポーランド代表がドイツ代表に勝ってるわけじゃないですからね。)

オシムが監督になっても、横パスの連続。「ボール支配率」が高いと言っても相手チームが脅威と感じないボール回し、ってジーコ監督のときも、トルシエ監督のときも一緒でした。

どうやら監督の問題ではないようです。これが国民性なんでしょうかね。

チャレンジ精神(個性)を押しつぶす日本社会の「重苦しい空気」がサッカーの日本代表を通じて、くっきり浮かび上がったということなのでしょうね。

ワールドカップ地区予選までサッカー話題は休止

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年7月26日 (木)

アジア・カップ 日本・サウジアラビア戦

前半25分までは、完全に日本のペースでした。この時間帯に点を入れられなかったのは痛い。その後は、サウジは日本の組織プレイに慣れてしまったようです。

日本選手の身体の切れの悪さというか、高揚感の無さというか。これは、豪州戦の後の「燃え尽き」症候群のような感じがしました。

やはり、雪辱戦ということで、勝利したことから無意識の達成感と疲労感があったのでは?

日韓ワールドカップの1次リーグ突破した後、トルコ戦と似た雰囲気を感じました。

フレッシュな力のある選手をもっと早く交代した方が良いのでしょうが、それだけの層の厚さを、今の日本代表は持っていなかったということでしょう。

日韓戦は楽しみです。

韓国選手は対日戦ですから、モチベーションは高いでしょう。これに対して、日本選手がどれだけモチベーションを高めて試合ができるかですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|