« 読書日記「街場の共同体論」内田樹著 | トップページ | 読書日記「ノモンハン1939」スチュアート・D・ゴールドマン著・山岡由美訳 »

2014年7月21日 (月)

集団的自衛権 今後の予想

集団的自衛権の行使容認が閣議決定された。私は、これが憲法違反であり、立憲主義に反していると思っています。

しかし、個人的には日米安保条約は憲法9条違反だと思いますが、日米安保条約がないと、中国は尖閣諸島を奪うというのは冷徹な国際情勢の現実でしょう。これは南シナ海の南沙諸島に対する中国の動きを見れば明らかです。

今後、自衛隊法などの国内法制が改正されて、さて、この数年から10年以内に何が待っているでしょうか。

■朝鮮半島有事への自衛隊派遣
中国からも見放された北朝鮮。
米国は北朝鮮の核兵器を放置することは絶対しない。北朝鮮が弱体化した段階で、一番ありうるのは北朝鮮が自己崩壊する中で、軍事衝突が発生して、北朝鮮の核兵器を確保するために米国が軍事介入するでしょう。中国と話しをつけたうえで。
そのとき、在日米軍が朝鮮半島に攻撃に出て、自衛隊は後方支援を行うことになる。
これが、一番あり得る事態です。
中国、米国の全面戦争にはならない。中国・米国が合意した上で、親中国の北朝鮮新政権をでつくるでしょう。
日本は、これに一枚かまないと、アジアにおける国家的地位が危うくなる。そのための集団的自衛権だと、安部首相は考えているのでしょう。
■そうならないために
6カ国協議で、①北朝鮮に対する先制的な武力攻撃を行わないこと、②北朝鮮の核兵器廃棄、③日朝国交正常化(拉致問題の日朝合同調査委員会の設置)、④北朝鮮の国連加盟に向けての交渉開始をセットで協議をする。
北朝鮮の国連加盟で、人道援助を行う。数年もたてば、独裁政権は民主化していくでしょう。そうでならなければ北朝鮮政権は人民が蜂起して崩壊するでしょう。


■中東紛争への自衛隊派遣
イラク周辺の情勢は流動的です。でも、世界の油田地帯ですから、このまま米国が放置することはあり得ない。
スンニ派のアルカイダ系過激派が油田地帯を押さえることは米国は許さない。
クルド民族は、イスラエルの支援を受けて、悲願の独立国家樹立を目指す。
シーア派は、イランの支援を受けてシーア派の地域支配を広める。
ということで、イラクは分裂する公算が強い。イスラエルとすればイラクの分裂は自らの利益になる。
米国は放置できないが、自国だけで介入はしたくない、ヨーロッパと日本と韓国を引き込んで介入することになる。日本政府が断れるわけがない。
これに一枚加わらないと日本の未来がないと安部首相は思っているのでしょう。

|
|

« 読書日記「街場の共同体論」内田樹著 | トップページ | 読書日記「ノモンハン1939」スチュアート・D・ゴールドマン著・山岡由美訳 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なるほど。たしかに。

外務省はとにかくアメリカからバッシングされないよう、されないよう立ち回ろうとし、永田町は確たる哲学もなしに岸信介の怨念に支配されているように見えます。

「想定外」の軍事衝突に巻き込まれるのではないかとヒヤヒヤしています。カルタゴの途を歩んでいるのでなければ良いのですが。

投稿: P-tak | 2014年7月23日 (水) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104432/60019849

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権 今後の予想:

« 読書日記「街場の共同体論」内田樹著 | トップページ | 読書日記「ノモンハン1939」スチュアート・D・ゴールドマン著・山岡由美訳 »