« 民主党の労働契約法を読む(4)-就業規則と契約変更請求権の関係 | トップページ | 読書日記 「新しい階級社会 新しい階級闘争」 橋本健二著 »

2007年10月28日 (日)

読書日記「サウスバウンド」 奥田英朗著

昨日の帰りと,今日の新宿までの往復で,上下巻を読みました。結構,吹き出しそうになって,楽しめました。

■小説はオモロイ

父は,内ゲバをやっていた元過激派。その父は,小学生の息子から見たら,ヒモのようないい加減な父親。あらすじは,サヨクをやめて,アナーキストになり,元活動家の女のヒモとなった元過激派のフリーライターが食いつめて,琉球王国に征服された八重山に渡って,環境派になって,開発業者とたたかうというお話し(サヨクからエコって,この20年のはやり)

作者の奥田英朗は1959年生まれ。学生運動は知らない世代だから,左翼や過激派の描写は結構,いい加減かも。

でも,元活動家の女のヒモになっている44歳のオッサン元過激派を父とする小学生の視点というの設定は,けっこう面白い。

■映画は?

インターネットで,映画の予告編を見たけど,小説から受けた雰囲気と随分違った感じです。父親役の豊川悦司さんが全然,琉球出身にも見えず,元サヨクの過激派/活動家らしくもない(ミス・キャスト。40歳過ぎのオジサンが鮮やかなオレンジのシャツなど着るかよ!)。鼻濁音で舌っ足らずのアジ演説なども聞いたことがない。

元活動家の母を演じる天海祐希さんもミスキャスト。若すぎる。美人で背が高いから,絶対に活動家にはならないタイプ。この役柄は,田中裕子さんでしょう。

今度,映画を観てはきます。

|
|

« 民主党の労働契約法を読む(4)-就業規則と契約変更請求権の関係 | トップページ | 読書日記 「新しい階級社会 新しい階級闘争」 橋本健二著 »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104432/16903766

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「サウスバウンド」 奥田英朗著:

« 民主党の労働契約法を読む(4)-就業規則と契約変更請求権の関係 | トップページ | 読書日記 「新しい階級社会 新しい階級闘争」 橋本健二著 »