« 労働時間法制 「素案」  | トップページ | 「今後の労働契約法制について検討すべき具体的論点(1) (素案)」について »

2006年11月21日 (火)

労働契約法制「素案」

■労働契約法の素案-労政審労働条件分科会

11月21日の労働政策審議会労働条件分科会にて,「今後の労働契約法制について検討すべき具体的論点(1)」(素案)が提出されました。
    ↓
「roudoukeiyakusoan06y21.pdf」をダウンロード

就業規則法理と整理解雇法理が特徴点です。判例の確認という趣旨でしょう。

また,日経が大々的に報じた解雇金銭制度については,「労働審判制度の調停,個別労働関係紛争制度のあっせん等の紛争解決手段の状況を踏まえつつ,解雇の金銭解決の仕組みに関し,さらに労使が納得できる解決方法を設ける」と玉虫色(?)の表現になっています。

■着地点が見えてきたの? 
欲を言えばきりがないですが,とにかく,「検討の対象」とすることができる「素案」が出たという評価でしょうか。

もっとも,まだ「論点」ですので,今後の成り行きについては,使用者側の反応が気になるところです。今朝は時間がないので,コメントは以上です。

問題は労働時間法制との関係でしょうね。

|
|

« 労働時間法制 「素案」  | トップページ | 「今後の労働契約法制について検討すべき具体的論点(1) (素案)」について »

労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104432/12778378

この記事へのトラックバック一覧です: 労働契約法制「素案」:

» 就業規則による一方的な労働条件不利益変更もカネを払って首切り... [ろーやーずくらぶ]
 第68回労働条件分科会が21日に開かれ、厚生労働省から、「今後の労働契約法制について検討すべき具体的論点(1)(素案)」が示されました。しんぶん赤旗 朝日新聞 中日新聞  就業規則の変更による労働条件の不利益変更について、合理性の判断には、労使協議・必...... [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 09時04分

« 労働時間法制 「素案」  | トップページ | 「今後の労働契約法制について検討すべき具体的論点(1) (素案)」について »