« 読書日記 「美しい国へ」安倍晋三著 文春新書 | トップページ | 映画「ゲド戦記」 »

2006年9月12日 (火)

9/11 労政審労働条件分科会

9月11日午後5時から労働政策審議会労働条件分科会が開催されました。

厚労省事務方から「労働契約法制及び労働時間法制の今後の検討について(案)」ほかの資料が提出されました。従来議論されてきた各論点について,「検討を深めてはどうか」という内容です。

「rouseishin06911.pdf」をダウンロード

目新しいところは,総則部分で,「使用者は,労働者が安心して働くできるように配慮すること」という文章があります。安心とは,安全配慮のほか,いじめ,嫌がらせ,パワハラが含まれる広い概念ということです。

安全配慮義務を認めた著名な最高裁1975年判決は,(労働者が)「安んじて誠実に履行するためには」,(使用者が労働者に対して)「安全配慮義務を負い,これを尽くすことが必要不可欠」だと判示しています。「安んじて」とは「安心して」ということですね。

次回分科会は次の日時です。

平成18年9月19日(火)17時00分~19時00分

以上

|
|

« 読書日記 「美しい国へ」安倍晋三著 文春新書 | トップページ | 映画「ゲド戦記」 »

労働法」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
「労働契約法制及び労働時間法制の在り方」についての記事
http://henry.exblog.jp/5666416/
の中で、リンクさせて頂きました。

投稿: JUDY | 2006年9月13日 (水) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104432/11865567

この記事へのトラックバック一覧です: 9/11 労政審労働条件分科会:

» 労働条件分科会 素案は白紙? ホワイトカラー・エグゼンプショ... [ろーやーずくらぶ]
 労働条件分科会が11日に開かれました。日経新聞  厚生労働省からは、「労働契約法制及び労働時間法制の今後の検討について(案)」が示されました。労働契約法制については、かなり抽象的な標記に先祖帰りしています(それでも、解雇の金銭解決制度は明記されていま...... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 12時17分

« 読書日記 「美しい国へ」安倍晋三著 文春新書 | トップページ | 映画「ゲド戦記」 »