« 「判例」について | トップページ | 日本の自殺率-驚愕の国際比較 »

2006年8月26日 (土)

桂枝雀の落語をDVDで観る

DVDで桂枝雀を購入して家族で見ました。

「代書」を観て、いやあ 笑った、笑った。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0000635L7/sr=1-4/qid=1155660035/ref=sr_1_4/250-1989938-7436262?ie=UTF8&s=dvd

代書屋は、近所の人から履歴書を書くように頼まれて、本人から聞き取りをする。ところが本人の話す事情は要領を得ず、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、どう書くのか四苦八苦して、最後は「ぽーんです」でおしまい(!?)。

なんだか、要領を得ない困った依頼者から聞き取りしながら、四苦八苦して陳述書を書いている弁護士を思い浮かべました。

枝雀はおもろいなあ。
あのオーバー気味の,アクション。
全身のパフォーマンスとリズム。
古典落語が現代コントに見えます。
落語通だと「邪道だ」と言いかねないですが、「笑えるか否か」で決めれば、「笑える!」が勝ち。

最近は出張で飛行機にのるときは機内イヤホン・サービスの落語を聴いています。
でも、身振り仕草、顔つきがあって本当の落語なんですね。

今度,寄席に行きたくなりました。

桂枝雀師匠は、1999年3月13日に自殺。うつ病とのこと。本当に残念です。

|
|

« 「判例」について | トップページ | 日本の自殺率-驚愕の国際比較 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104432/11455779

この記事へのトラックバック一覧です: 桂枝雀の落語をDVDで観る:

« 「判例」について | トップページ | 日本の自殺率-驚愕の国際比較 »